未病予防No.1サイト 一般社団法人 未病予防推進協会

ご挨拶

ご挨拶

時代の変化とともに、私たちの「食」の環境は大きく変わり、また病気の種類も違った状況になっています。1950年頃は、結核、脳血管疾患、肺炎が三大死因でしたが、1980年代には、ガン、心疾患、脳血管疾患が死因のトップ3となりました。2011年には、ガン、心疾患、肺炎(約97%が65歳以上の高齢者)が三大死因となり、続いて脳血管疾患になりました。

また、この数十年で、アトピー性皮膚炎・花粉症・喘息など現代病と言われる病気が増え続け、いまだに、ガン、心疾患、脳血管疾患は死因の上位です。戦前にはなかった病気が増えているのは、私たちの「食」にも問題があるのではないでしょうか? 特に、最近大きな問題になっているのは、0歳児から保育園児や幼稚園児、小学生、中学生など子どもたちの体調不良や生活習慣病です。無気力な子ども、キレる子ども、低体温の子ども等が急増しています。子どもの時の体調不良などが大人になってから様々な病気の原因に繋がることを危惧しています。 私たちのカラダは、食事から摂る「栄養からできている」のですから、今一度、原点に戻り、食をはじめあらゆるものを見直さなければなりません。

現在、大きな社会的問題になっているのが「認知症」です。専門家によると、現在「認知症と軽度認知障害(認知症予備軍)」を合わせると、1,000万人いると云われています。団塊世代のすべての人が75歳以上の後期高齢者に達する2025年を境に、日本は「認知症大国」へと突入します。日本では2025年に「認知症1300万人時代」を迎えると云われているのです。いま高齢ドライバーによる交通事故が問題になっていますが、徘徊による行方不明、誰にも看取られることなく逝く孤立死、老々介護や老々介護事件が多発する時代になると予測されています。

最近、本や雑誌などで見る機会が増えてきた「未病」という言葉の由来は、中国最古の医学書『黄帝内径』に、はじめて登場したと云われています。意味は、「病気に向かって進行しつつある状態」を指します。今なぜ、「未病予防」が重要視されているのでしょうか?それは、西洋医学的治療では、完治できない病気がたくさんあり、しかもそれが増加傾向にあることにほかなりません。

生活習慣病と言われているガンをはじめ認知症などの病気は、まだ発症していない予兆の状態(未病)の時から「未病予防」を行い、「病気を未然に防ぐ」ことこそが本来の『病気予防』のあるべき姿ではないでしょうか?

そのために当協会では、健康維持に必要な「知識と具体的行動」をご提供していきたいと考えています。

 

一般社団法人未病予防推進協会
代表理事 石澤久雄